薬剤師になるために

MY 薬局

薬剤師になるために

あなたは、薬剤師になるために、薬剤師国家試験にパスしなければなりません。
最近これまで159回目の通常国会の4年のシステムと試験の適格性必要条件の大学の薬局について認可されたコースから卒業した「学校教育法改正案」と「薬剤師法改正案」認可の人にとなっていました。
しかし、薬剤師法によって改正されたので、2006年に薬剤師教育の卒業のために必要とされる年、それは6年、主義で学校学生への入口からありました。
2004年4月の時点で薬局システムの主題を装置している大学は、全国の55です。
設立主な有権者によると私が見るとき、それは14の国立、公共3つの学校、38の個人的な機関になります。
夜間学校と短期大学がありません。
学校申込者への入口、薬学部への新しい学生、薬学学部の間の女性の比率は、それぞれおよそ3分の2です。
薬剤師国家試験は、3月の末の2日間の予定で、毎年、行われます。
2004年3月に行われる薬剤師国家試験の合格者は8,653人でした、そして、パス率は78.32%でした。試験にパスするとき、率が70%から80%.に最近変える5年のパスはアプリケーションで厚生労働省の薬剤師のリストで登録されます。
そして、薬剤師証明書は厚生労働大臣から与えられます。
薬剤師免許を持っている間、薬剤師任務から去る人は女性で頻繁です。
しかし、そのような人々が再び仕事を見つけるとき、拡大(薬剤師任務を多様化することの内容)を握ります。
そして、いつかほかの時に不足している知識と技術を着ることが必要です。
したがって、計画は日本薬剤師トレーニング・センターで、厚生省または株式会社日本薬剤師協会と協力して薬剤師の自然改善のための生命トレーニングと非稼働薬剤師のトレーニングを行います。
そのうえ、ワークショップは中心都市と地区薬剤師社会とローカル支社薬剤師社会で開催されます。