毒薬とは?

MY 薬局

毒薬とは?

薬というと毒薬なんて言うものが思いつくかもしれません。
そこで今回はその毒薬というものについて紹介します。
毒は、一種の製薬製品です。
法律より低く、第44条は定義と取扱いを決定します。
製薬事(食品衛生審議会)の意見を聞く毒として、厚生労働大臣は法令で有毒な製薬製品を指定します。
毒に関しては、「毒」の記事名と手紙は、白いフレーム(彫られた手紙)で、黒い地面にリストされなければなりません。
そのうえ、それと他の品質を見分けて、それを保存して、保管の時に、あなたがロックすることができる場所で、それを示さなければなりません。
具体的には、致死量(量を与えられるとき、半分は死ぬ量です。)急性毒性において、死を引き起こしている2分の1は、薬を飲みます。
重さの1kgにつき30mg以下による重さの1kgにつき20mgの支持者を言います。
それはしばしば、毒物及び劇物取締法によって定義される毒と混同されるが、本当の他の定義です。
毒物及び劇物取締法第2条によって、製薬製品としての毒は、毒でありません。
医療のためでない毒に関しては、「医療使用権からの医療毒」の徴候は、堪能です。
毒を誤解するかもしれません。
「医療「飲むとき、死ぬ医療」それが、人を殺します」。